Event is FINISHED

ONLINE TALK LIVE「絶望を希望に変えていく物語」chapter.1|持続可能性 × ポストコロナ

Description


ABSTRACT


失われた30年

遡ること、10年前。2010年、それは、変わろうとした時代だった。しばらくして、わたしたちは、正しく変わることは難しいことに気づく。挑戦して失敗するくらいなら、このままでよい。こうして、時が止まったまま、いまに至る。変わろうという問いかけは、もう響かない。しかし、事態は10年前より深刻だ。さらに遡ること、およそ20年前。地方分権一括法の成立。わたしたちのまちは、わたしたちでつくる。そう、魂を燃やした人たちがいた。その10年ほど前には、バブル崩壊。判断を先送りすることにしがみつき、幻想にまどろめば、ますます状況は悪化するばかり。しかし、幻想が長引くほど、存在意義が揺るぎかねない過去を、心得者は誰も否定できなくなっている。そして、わたしたちの思考は静止した。


- 突如として暴露された幻想


わたしも、変わらなければならない。そのように、考えていた。いや、もちろんいまも変わらなければならないと思っているが、パラダイムシフトの過程で、大きな苦しみが生まれることを知ってしまったのだ。その恐怖を目の前にして、足がすくんで、尻もちをついた。しかし、あきらめるわけにはいかない。少しでも先に、ちょっとでも前に進んで、次の世代へ襷を。淡々と凡庸にやっていく覚悟を決めるやいなや、COVID-19がその苦しみをもたらした。失われた10年で自信を失い、失われた20年で希望を失い、失われた30年、わたしたちは何を失うのか。それはまだ、だれにもわからない。だけど、わたしは、失われた30年で幻想を失いたい。


絶望から希望を展望する

わたしが絶望しているのは、COVID-19ではない。わたしの絶望は、やればできるんだという自信が、明日はもっとよくなるという希望が、この国にはないこと。この国にあるのは、自分たちだけは間違ってない、自分たちだけはなんとかなるという根拠のない幻想だから。もう、見てみないふりをするのは、やめませんか。いま、止まっていた時間が、動きはじめている。経済、政治、学問、この国の幻想が、バレはじめている。気づいてしまった人たちが、オンラインを武器に集結しはじめている。なぜなら、いま変われるか変われないかで、わたしたちが生き残れるか否かが決まるからだ。そして、そのあとに、少し成長したわたしたちが待っている。見えにくくなっていたものに、意味を見いだそう。ポストコロナの一皮むけた社会を、いまこそ、多くの人とともに構想することはできないだろうか。



CONTENT


本イベントの位置づけ

このオンライントークイベント(全7回予定)は、NPO法人北海道冒険芸術出版(今年10周年を期に「NPO法人21世紀のつくりかた」へ改称予定)が、『21世紀のつくりかた』についての知見を深めるために、公開取材による「出版プロセスのコンテンツ化」の一貫で実施しており、①取材のイベント化/②出版のアジャイル化/③関係性のプロダクト化/④書籍のプロセス化によって、あたらしい本のかたちを模索しようとするプロジェクトです。詳しいコンテンツ展開については、こちらをご覧ください。

今回の趣旨

第1回のテーマは、「持続可能性 × ポストコロナ」です。対談相手は、反町恭一郎さん。彼は、「政治家だけが政治の話を、環境学者だけが環境の話を、役所だけが公共政策の話を、経営者だけが経営の話を、学校教師だけが教育の話をして、農家だけが農業の話をします。そして、お互いに『誰かのせい』にしている間に、社会課題は深刻化、複雑化していき、時間だけが過ぎていく」と言います。地域の現場で対話の場をつくり続けながら、複雑さに向き合い、複雑さに学ぶ合う反町さんと、ポストコロナに顕現する未来についてお話します。

開催概要

- 日時|2020年5月22日(金)20:00-22:00
- 場所|オンライン
- 取材対象者|反町恭一郎(合同会社WORKARTS:代表社員)
- 取材者|堀直人(NPO法人北海道冒険芸術出版:共同代表理事)
- 参加費|無料
- 主催|NPO法人北海道冒険芸術出版

プログラム

0:00 雑談
0:05 ゲスト自己紹介
0:25 参加者自己紹介/感想(ブレイクアウトルーム)
0:35 休憩
0:40 対談(公開取材)
1:20 鼎談(参加者1名が交代で議論に参加) 
1:40 まとめ(ブレイクアウトルーム)
1:50 全体まとめ/最後に一言
2:00 終了

プロフィール

- 取材対象者|反町恭一郎(そりまち・きょういちろう)
1987年、群馬県高崎市生まれ。筑波大学第一学群人文学類社会言語学・会話分析専攻修了。教師、ミュージシャン、自治体職員を経て、合同会社WORKARTS代表社員。持続可能な地域をつくるために、日本各地の自治体、企業、市民団体など、多様な利害関係者が対話し、境目を超えて協働するコミュニティ/リーダーシップ開発を展開。2015年から、Art of hosting実践者。地域の拠点となる、アパートやゲストハウスの経営にも関わる。

- 取材者|堀直人(ほり・なおと)
1981年、北海道札幌市生まれ。3歳から江別市に育つ。2010年に、NPO法人北海道冒険芸術出版を設立、『北海道裏観光ガイド』『n次創作観光』を編集。2014年から、日本編集株式会社代表取締役。2015年5月から、江別市議会議員。2019年4月21日執行、江別市長選挙に敗退。現在は、地域課題を価値に変えるゲストハウス「ゲニウス・ロキが旅をした」の共同出資者/物語担当執行役員など、自治と社会のDiYを実践。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#585722 2020-05-17 01:19:31
More updates
Fri May 22, 2020
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
公開取材参加権 FULL
Organizer
NPO法人北海道冒険芸術出版
29 Followers
Attendees
31